アイスランド代表のギルフィ・シグルズソンについて

  ギルフィ・ソール・シグルズソン(1989年9月8日 – )は、アイスランド・レイキャヴィーク出身のアイスランド代表のサッカー選手。2017年8月16日、5年契約でエヴァートンFCへ移籍することが発表された。移籍金は未公開であるが、クラブ史上最高額となっている。エヴァートンFC所属。ポジションはMF。愛称は「ギルフィ」。

  ギルフィ・ソール・シグルズソンは、UEFA U-19欧州選手権2008予選に出場。1次予選で2ゴールを挙げると、続く2次予選でも2ゴールを決めた。しかし、最終戦のU-19ブルガリア代表に破れ勝ち点3を獲得することが出来ず本大会行きを逃した。2007年11月のU-21ドイツ代表で後半から出場してU-21代表デビューを果たした。4日後のUEFA U-21欧州選手権2009に延長時間に交代出場し、大会初出場すると残りの試合でもプレーした。最終戦となったU-21スロバキア代表戦でギルフィは先制ゴールを決めるも、ミロスラフ・ストッフに決められ1-1と引き分けに終わった。アイスランドはプレーオフ進出へ失敗するも、次のUEFA U-21欧州選手権2011では明るいスタートを切った。10月の予選U-21サンマリノ代表戦で今大会初出場すると、翌月の同相手に16分にゴールを決め6-0の勝利に貢献した。2010年5月にアンドラ代表戦でアイスランド代表としてA代表デビューを果たすと4-0で勝利した。2点目となったゴールをFKでアシストし、勝利に貢献した。また、UEFA U-21欧州選手権2011プレーオフのU-21スコットランド代表戦では、2ndレグで2ゴールを決め2-1と勝利。2試合計4-2となり、本大会進出を果たした。UEFA EURO 2016予選ではオランダ代表相手に2試合で3得点あげ、アイスランドのUEFA EURO 2016本大会出場に貢献した。

代表での出場記録

なぜ、サッカーアイスランド代表のレベルが目覚しい?

  サッカーアイスランド代表は、アイスランドサッカー協会 (KSI) によって編成されるサッカーのナショナルチームです。アイスランドが北ヨーロッパの北大西洋上に位置する共和制を取る国家です。総人口は約31万人。なぜ、サッカーアイスランド代表のレベルが目覚しい?

  サッカーアイスランド代表のチームは発足史といえば、一番のメリットはアイスランドがヨーロッパの国家であることでしょう。詳しくは下の2つ要素から分析しましょう。

  代表チームから見ると、ヨーロッパのサッカー試合大会の開催伝統があります。例えば、FIFAワールドカップやUEFA欧州選手権などの予選大会など。大体、一年以上の時間は試合で過ごしましたでしょう。4年ごとに、ただ国際試合、サッカーアイスランドが参加数は20回以上になります。サッカーのアイスランド代表は、2016年に行われた欧州選手権に出場しイングランドといった強豪を破るなどベスト8の快挙を成し遂げました。

  クラブチームから見ると、多くのアイスランドのサッカー選手がヨーロッパの強豪リーグに所属しています。地域の原因で、アイスランドのサッカー選手たちが言語、文化、習慣などの方面で差異が小さくてヨーロッパの地元の環境はすぐ驯染めます。豊富クラブ経歴を持っているサッカー選手がFIFAワールドカップやUEFA欧州選手権などの国際サッカー大会でサッカーアイスランド代表に招集されやすいです。

  2018年6月ロシアで行われるワールドカップまであと10ヶ月。次からはサッカーアイスランド代表のいい成績を一緒に楽しめましょう。

-以上-