アイスランド代表のギルフィ・シグルズソンについて

  ギルフィ・ソール・シグルズソン(1989年9月8日 – )は、アイスランド・レイキャヴィーク出身のアイスランド代表のサッカー選手。2017年8月16日、5年契約でエヴァートンFCへ移籍することが発表された。移籍金は未公開であるが、クラブ史上最高額となっている。エヴァートンFC所属。ポジションはMF。愛称は「ギルフィ」。

  ギルフィ・ソール・シグルズソンは、UEFA U-19欧州選手権2008予選に出場。1次予選で2ゴールを挙げると、続く2次予選でも2ゴールを決めた。しかし、最終戦のU-19ブルガリア代表に破れ勝ち点3を獲得することが出来ず本大会行きを逃した。2007年11月のU-21ドイツ代表で後半から出場してU-21代表デビューを果たした。4日後のUEFA U-21欧州選手権2009に延長時間に交代出場し、大会初出場すると残りの試合でもプレーした。最終戦となったU-21スロバキア代表戦でギルフィは先制ゴールを決めるも、ミロスラフ・ストッフに決められ1-1と引き分けに終わった。アイスランドはプレーオフ進出へ失敗するも、次のUEFA U-21欧州選手権2011では明るいスタートを切った。10月の予選U-21サンマリノ代表戦で今大会初出場すると、翌月の同相手に16分にゴールを決め6-0の勝利に貢献した。2010年5月にアンドラ代表戦でアイスランド代表としてA代表デビューを果たすと4-0で勝利した。2点目となったゴールをFKでアシストし、勝利に貢献した。また、UEFA U-21欧州選手権2011プレーオフのU-21スコットランド代表戦では、2ndレグで2ゴールを決め2-1と勝利。2試合計4-2となり、本大会進出を果たした。UEFA EURO 2016予選ではオランダ代表相手に2試合で3得点あげ、アイスランドのUEFA EURO 2016本大会出場に貢献した。

代表での出場記録